快適?Touran生活

VWトゥーランを中心に。娘の成長を添えて・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

審判って難しい。。

今回のワールドカップではレフリィングが問題視されています。

ポルトガルvsオランダは別格としても、

??という判定が多すぎるような。。
 強豪国に有利な。。と思ってしまうのは、
  第3勢力(第2?)に属する国で観戦しているからなのか?

今見ているブラジルvsガーナの2点目も明らかなオフサイドだったし。

学生時代、4級審判員として他チームの試合の審判していましたが、
最初の反則をどのレベルで取るかという基準が難しいんですよね~。
細かすぎても試合が中断してしまうし、許容しすぎると試合が荒れるしと、
試合中にも色々な悩みを抱えながら審判していたことを思い出します。(レベルが違いすぎますが)

国際審判の一歩手前の1級審判になるためには、
 34歳までという年齢制限のほかに
 12分間走 3,000m 等々の基準があるのです。

 学生時代、体育系の大学で上位の審判員を目指していた人達は、
 今から頑張ってもギリギリなれるかどうかという話をしていました。

20代、30代のバリバリの選手が走り回っている試合を
30代後半、40代の審判がレフリィングすることを考えると、
ちょっとくらいの誤審があってもしょうがないのかな。。と同情もしてしまいます。

割に合わない職業であることは確かだと思いますが、、

日本代表がグループリーグ敗退でも、
上川主審が決勝トーナメント進出という予想をしていたのですが、
どうなったんですかね??





スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。